×

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  黒にんにくで健康に!!

黒にんにくで健康に!!

  • 件 (全件)
  • 1

冷え対策に黒にんにく

老若男女を悩ます  <冷え>  に  黒にんにく



今年の冬は寒かったですね。地球温暖化も何処へやら!!   
     
温かいものを食べて。暖かい布団で。暖かい部屋で。

手足の先が冷たい。お腹が冷えやすい…
今、多くの人が冷えを感じながら暮らしています。


とくに女性に冷えを感じる人が多く、
体温が36℃未満という人も増えています。

また、年齢ともに冷えの自覚症状が増える傾向があることも
報告されています。

女性だけでなく、子供や大人の男性にも冷えを感じる人が増加し 

問題視されています。

世代や性別を問わず「冷え」の悩みや不安を抱える人が
増えているのです。
「冷え」は、健康の大敵‼



東洋では、昔から「冷えは万病の元」と考えられてきました。
現代においても、冷えはさまざまな不調と関わりがあるとされています。

例えば、体が冷えることにより、胃腸の働きが弱まり、免疫力が低下します。
結果、冷えが肩こりや腰痛、肌トラブルを引き起こしたり、
睡眠の質を低下させるという報告もあります。


36,5度ぐらいがちょうど活動しやすい体温と言われています。

36,0度以下で震えることによって、熱産生をうながそうとします。

35,5度が恒常的に続くと、1)排泄機能低下2)自律神経失調症が出現3)アレルギー症状が出現

35,0度で  がん細胞が最も増殖する温度

34,0度程度、水のおぼれた人が救出後、生命の回復ができるかどうかギリギリの体温。

33,0度程度、冬山で遭難し、凍死する前に幻覚が出てくる体温。

と言われています。


「冷え」の内側には、大きな健康不安が潜んでいるかも知れません。
季節や体質のせいだと見過ごさず、
健康づくりの一つとして「冷え対策」をすることが重要です。



体を温めることが大切
                                



「冷え」を起こす原因はさまざまです。
その人の生活習慣や食生活の乱れ、ストレス、運動不足、
過度な冷房…個人個人みな違います。


そこでは、いつも体を温めることを心がけ、習慣づけること。
すべて一律に改善することはなかなかできません。


暖かいものを食べたり、身体を温めてくれる食材を食べたり。
体が冷えにくい服装をしたり、冷暖房の温度設定を調節したり、
なるべく運動する習慣をつけたりと、日常生活でできることをやってみましょう。


特に有効なのが、体を温める食べものを食生活に摂り入れることです。

例えば、カボチャや人参などの根菜類、にんにく、ネギなどの香辛料、
りんごや桃などの果物等がおすすめです。温かい飲み物も有効です。暑い夏もなるべく常温か暖かいものを選びましょう。


今話題の黒にんにくもおすすめです。

東洋医学では、“自分の住んでいる所より北の食べ物を食べろ“ と言っています。

野菜や果物には食物繊維も含まれるので、健康をサポートするのにも役立ちます。




 
【温体力】を高めよう
 


体の内側から温まり、冷えを和らげていくこと。
そのために必要な力、それが【温体力】です。

私たちは暮らしの中で、自分自身の体を温める力 【温体力】をサポートすることで、
心地よい温もり、すこやかな体内環境を生み出すことができるでしょう。

そのためには、日常の食事、運動、住居、衣類等に対する
各個人の個性に合わせた調整が必要です。

                       薬剤師 福士 光喬
 
 

2021-03-05 14:59:08

コメント(0)   |  トラックバック (0)

エネルギッシュな毎日を保証する黒にんにく

 

エネルギッシュな毎日を保証する!!黒にんにく
 にんにくが歴史を作った?!

ニンニクがなければ古代文明はなかったかも??

ツタンカーメン王の墓からは、数々の金とともに乾燥されたにんにくが発見されました。
また、にんにくがスタミナ食材と呼ばれる訳は、意外と知られていない豊富な栄養素にあります。

炭水化物や必須アミノ酸、タンパク質、各種ビタミン、   

薬用成分、ミネラルなど、多彩な元気成分が
年齢を感じさせない
「元気パワー」を力強くサポートし
エネルギッシュな毎日を応援します。

紀元前14世紀ギリシャの歴史家ヘロドトスは、
古代エジプトでピラミッド造りに従事した労働者が
大量のにんにくを食べ、その購入のため高額の銀が
支払われたと記しています。

これはたいへんに力がいる作業を行っていた人たちにとって、
にんにくが重要な食材だったためといえるでしょう。
にんにくが無ければ、あの巨大なピラミッド、
スフィンクスも存在しなかったかもしれません。




魔除け・厄除け・戦う武器?


日本に、にんにくが伝わったのは、4世紀後半から5世紀前半頃と考えられています。
日本最古の書物『古事記』には、にんにくが人々の健康に重宝されていたことや、
「ヤマトタケルノミコト」が山の神(鹿の化け物)に出くわした際、
にんにくを用いて退治したという記述があります。

にんにくは、当初、特別な食材としても、魔除けとしても用いられていました。
広く普及したのは明治に入ってからです。

そして現在、日本全国それぞれの地域で土地の気候に適したにんにくが栽培され、
料理のスパイスとしてはもちろん、その健康パワーとしても注目が集まっています。


                        薬剤師 福士 光喬
 
 

2021-02-25 15:20:03

コメント(0)   |  トラックバック (0)

コロナに勝つ黒にんにく

コロナに勝つ!! 黒にんにくの効果


コロナはいつまで続くのでしょう。まだまだ先が長いようです。
自粛とマスク、手洗い、三密回避の徹底だけでは不十分です。
コロナからの感染を防ぐには「免疫力アップ」が重要です。

2020年暮れからの寒波、コロナの猛威で多くの方が自粛、自粛で運動不足になっています。

運動不足は、筋肉量の減少や骨、関節、肺、心臓などの機能低下を招きます。
そして、基礎代謝の低下や血流不良により、免疫力が低下します。

みんなテレビに釘付けになりコロナ関連の番組を見続けて一喜一憂しています。
同じような情報に接しているとそのことが潜在意識に刷り込まれ、
深層心理効果で、感情に影響を受けます。

コロナと聞いたり見たりしただけで、不安や不満を感じたり、
イライラして精神的にも疲れてしまいます。

そうでなくても、自粛で相当なストレスになっているハズ…。
コロナ解決に何の役にも立ちそうもない情報に晒され続けることは大変危険です。
噂に振り回されることなく冷静な判断をしましょう。

コロナに打ち勝つには、温かいもの、温性のにんにく等温野菜、魚、肉を食べて身体を動かし、
血行を良くし免疫力アップを図る事が大切です。
コロナに負けない体を作りましょう。 

ニンニクはちょっと…。という方に 黒にんにく という選択肢があります。
生のにんにくに比べて胃への負担が少なく、ニオイが気になりません。
黒にんにくは糖度が高く、ドライフルーツのような食感のため幅広い世代でお召し上がりいただけます。

1日あたり1片から2片を目安に、
定期的に続けて召し上がることをおすすめします。
この黒ニンニクは生の白ニンニクを熟成させることで作れます。


自宅でも作ることができますが、ニオイが家だけでなく
外にももれるため、マンションなどではおすすめできません。


みなさんもこれを機に、黒にんにく
コロナ対策と加齢対策にアプローチを開始しませんか?



    
                薬
剤師 福士 光喬

 

2021-02-23 15:54:30

コメント(0)   |  トラックバック (0)

  • 件 (全件)
  • 1

ウェブで簡単ふるさと納税さとふる

CONTENTS

CATEGORY