×

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2

うわさの高級サクランボの産地 青森県♡

青森県産さくらんぼ

鈴なりの佐藤錦♡


森県といえばリンゴ・・・ですが実はたくさんの種類のくだものも生産しています。
桃や梨、ブルーベリー、カシス。そして最近話題になっているのが高級サクランボ【ジュノハート】さらにジュノハートの最高級大玉が【青森ハートビート】です。

青森ハートビートは初競りで15粒45万という高値がついてニュースになりました。1粒3万! 超高級品です。
紅秀峰の甘さとサミットの大きさを交配。甘くて大きなさくらんぼができました。
青森県は朝夕の寒暖の差が大きく果物はとても甘みが強くなります。

今年は提携農家様のサクランボの木のオーナーになりサクランボのことを勉強させていただきながら、現状や問題点などを伺いました。
全国的にもそうですが、特に過疎化が進む東北では後継者問題と人で不足があります。

まだまだ知られていない青森のサクランボ。ジュノハートだけじゃなく佐藤錦も紅秀峰もすごく大粒で甘いです☆彡
これからたくさんの方に味わっていただくためにサクランボのオーナー制度もひとつの方法かもしれないと感じました。

この季節、1本の木になるすべてのサクランボ。いくらなら買いますか??

鈴なりのサクランボ

採りにくい上が甘い。やはり太陽の力はすごいです。


佐藤錦はやっぱり甘い!! 一本の木に3L、2L、Lとなっています。大粒です。

三戸郡五戸町 小笠原農園様



 

2021-07-08 22:18:29

コメント(0)

冷え対策に黒にんにく

老若男女を悩ます  「冷え」  に  黒にんにく



 
今年の冬は寒かったですね。地球温暖化も何処へやら!!

温かいものを食べて。黒にんにくも。
暖かい布団で。暖かい部屋で。


手足の先が冷たい。お腹が冷えやすい…
今、多くの人が冷えを感じながら暮らしています。




とくに女性に冷えを感じる人が多く、
体温が36℃未満という人も増えています。

また、年齢ともに冷えの自覚症状が増える傾向があることも
報告されています。

女性だけでなく、子供や大人の男性にも冷えを感じる人が増加し
問題視されています。
世代や性別を問わず「冷え」の悩みや不安を抱える人が
増えているのです。





「冷え」は、健康の大敵



東洋では、昔から「冷えは万病の元」と考えられてきました。
現代においても、冷えはさまざまな不調と関わりがあるとされています。

例えば、体が冷えることにより、胃腸の働きが弱まり、免疫力が低下します。
結果、冷えが肩こりや腰痛、肌トラブルを引き起こしたり、
睡眠の質を低下させるという報告もあります。



36,5度ぐらいがちょうど活動しやすい体温と言われています。

36,0度以下で震えることによって、熱産生をうながそうとします。

35,5度が恒常的に続くと、1)排泄機能低下。2)自律神経失調症が出現。
     3)アレルギー症状が出現。

35,0度でがん細胞が最も増殖する温度。


34,0度程度、水のおぼれた人が救出後、生命の回復ができるかどうかギリギリの体温。

33,0度程度、冬山で遭難し、凍死する前に幻覚が出てくる体温。

と言われています。



「冷え」の内側には、大きな健康不安が潜んでいるかも知れません。
季節や体質のせいだと見過ごさず、
健康づくりの一つとして「冷え対策」をすることが重要です。



体を温めることが大切



「冷え」を起こす原因はさまざまです。
その人の生活習慣や食生活の乱れ、ストレス、運動不足、
過度な冷房…個人個人みな違います。


そこでは、いつも体を温めることを心がけ、習慣づけること。
大切なのすべて一律に改善することはなかなかできません。


暖かいものを食べたり、身体を温めてくれる食材を食べたり。
体が冷えにくい服装をしたり、冷暖房の温度設定を調節したり、
なるべく運動する習慣をつけたりと、日常生活でできることをやってみましょう。


 特に有効なのが、体を温める食べものを食生活に摂り入れること。

例えば、カボチャや人参などの根菜類、にんにく、ネギなどの香辛料、
りんごや桃などの果物等がおすすめです。


 今話題の黒にんにくもおすすめです。

東洋医学では、“自分の住んでいる所より北の食べ物を食べろ“ と言っています。
野菜や果物には食物繊維も含まれるので、健康をサポートするのにも役立ちます。




 
温体力】 を高めよう
 


体の内側から温まり、冷えを和らげていくこと。
そのために必要な力、それが「温体力」です。

私たちは暮らしの中で、自分自身の体を温める力 「温体力」 をサポートすることで、
心地よい温もり、すこやかな体内環境を生み出すことができるでしょう。

そのためには、日常の食餌、運動、住居、衣類等に対する
各個人の個性に合わせた調整が必要です。

薬剤師 福士 光喬
 
 

2021-03-05 14:59:08

コメント(0)   |  トラックバック (0)

エネルギッシュな毎日を保証する黒にんにく

 

エネルギッシュな毎日を保証する!!黒にんにく
 
世紀頃に造られたツタンカーメン王の墓からは、数々の金とともに乾燥されたにんにくが発見されました。
また、ギリにんにくがスタミナ食材と呼ばれる訳は、意外と知られていない豊富な栄養素にあります。

炭水化物や必須アミノ酸、タンパク質、各種ビタミン、薬用成分、ミネラルなど、
多彩な元気成分が年齢を感じさせない「元気パワー」を力強くサポート。
エネルギッシュな毎日を応援します。

紀元前14シャの歴史家ヘロドトスは、
古代エジプトでピラミッド造りに従事した労働者が大量のにんにくを食べ、
その購入のため高額の銀が支払われたと記しています。

これはたいへんに力がいる作業を行っていた人たちにとって、
にんにくが重要な食材だったためといえるでしょう。
にんにくが無ければ、あの巨大なピラミっト、スフィンクスも存在しなかったかも。

日本に、にんにくが伝わったのは、4世紀後半から5世紀前半頃と考えられています。
日本最古の書物『古事記』には、にんにくが人々の健康に重宝されていたことや、
「ヤマトタケルノミコト」が山の神(鹿の化け物)に出くわした際、
にんにくを用いて退治したという記述があります。

にんにくは、当初、特別な食材としても、魔除けとしても用いられていました。
広く普及したのは明治に入ってからです。

そして現在、日本全国それぞれの地域で土地の気候に適したにんにくが栽培され、
料理のスパイスとしてはもちろん、その健康パワーとしても注目が集まっています。
 
 

2021-02-25 15:20:03

コメント(0)   |  トラックバック (0)

コロナに勝つ黒にんにく

コロナに勝つ!!黒にんにく

コロナはいつまで続くのでしょうね!まだまだ先が長いようです。
自粛とマスク、手洗い、三密回避の徹底だけでは不十分です。
コロナからの感染を防ぐには「免疫力アップ」が重要です。

2020年暮れからの寒波、コロナの猛威で多くの方が自粛、自粛で運動不足になっています。
運動不足は、筋肉量の減少や骨、関節、肺、心臓などの機能低下を招きます。
そして、基礎代謝の低下や血流不良により、免疫力の低下を来します。

みんなテレビに釘付けになりコロナ関連の番組を見続けて一喜一憂しています。
同じような情報に接しているとそのことが潜在意識に刷り込まれ、
深層心理効果で、感情に影響を受けます。

コロナと聞いただけ、見ただけで、不安を感じたり、不満を感じたり、
イライラしたり、精神的に疲れてしまいます。

そうでなくても、自粛で相当なストレスになっているのに!!
コロナ解決に何の役にも立ちそうもない情報に晒され続けることは大変危険です。

コロナに打ち勝つには、温かいもの、温性のにんにく等温野菜、魚、肉を食べて身体を動かし、
血行を良くし免疫力アップを図る事が大切です。
コロナに負けない体を作りましょう。 

黒にんにくは皮をむいてそのままお召し上がりください。皮むきの黒にんにくもあります。
生のにんにくに比べて胃への負担が少なく、黒にんにくは糖度が増え、
まるでドライフルーツのような食感のため大人からお子様まで幅広くお召し上がりいただけます。

1日あたり1片から2片を目安に、定期的に続けて召し上がることをおすすめします。
この黒ニンニクは生の白ニンニクを熟成させることで作られるため、自宅でも作ることができます。

ただし、作りはじめは炊飯器からニンニクのニオイがしたり、
2週間以上、継続して炊飯器で温めたりしなければならないため、
作るのが面倒という方は出来た黒にんにくをおすすめです。

みなさんもこれを機に、黒ニンニク・黒にんにく で
コロナ対策と加齢対策にアプローチを開始しませんか?

 

2021-02-23 15:54:30

コメント(0)   |  トラックバック (0)

究極の健康法

 

病気“とは?

現在の生活が自分の体質に合っていないという“警告”です


病気になると、みんな薬を飲みます。薬さえ飲んでいればで治るものだと思っています。
そして、今まで通りの生活を続けます。

酒は飲む、煙草は吸う、冷たいものを飲食する、夜更かしはするし、運動はしない。
これでは治らないばかりか、いよいよ病気は悪くなるばかりです。

自分の体は、現在食べている食べ物によって作られています。
体に合った良い食べ物を食べれば、良い、丈夫な体が作られるします。

体に合わない悪いものばっかり食べていると、益々悪い、弱い体になります。
食べ物の良し悪しが健康・不健康、頭の良し悪しまでにも大きな影響を与えます。

生まれつきの体質には<陽の体質><陰の体質>どちらにも偏らない<平の体質>があります。
そして、<平>の状態が一番適しており、健康で過ごせるという考え方が、東洋医学にあります。

又、我々の体を作ってくれる、養ってくれる<食べ物>も、<><><>に分ける事ができます。
この食べ物を自分の体に合わせて適正に食べる事で、偏った体質を<平>に近づける事ができます。


この考え方を健康維持や病気治療に応用した のが, 究極の健康法」です。
 

2021-02-01 11:47:52

コメント(0)   |  トラックバック (0)

食養生(身土不二 しんどふじ)

自分の体は
今、食べている食べ物によって作られています


に合った良い食べ物を食べれば、良い丈夫な体が作られます。
逆に
体に合わない悪いものを食べていると、悪い・弱い体になります。

食べ物の良し悪しが健康・不健康、頭の良し悪しにも大きな影響を与えると云われています。


大昔、我々の先祖は自分の住んでいる土地で作物を作り、
それを食べて健康な体、体質を作り生活してきました。
それを子孫に伝え、現在の私たちがいるのです。

その結果、今の地球上で各地区のそれぞれ違う人種・民族が出来上がってしまったのです。
このことを「身土不二」と言います。

今はよく「地産地消」と言う言葉を聞きますね。これと同じような意味です。
できるだけ、地元で採れたものを食べましょう。という事ですね。何故でしょう?

この狭い日本でもよーく見ると体躯、性格の違いが分かります。
​自分の身の回りで採れたものを食べてきたので来たのですから。

 今は交通の発達によって、世界中のどこからでも色々な食べ物が入ってきています。
いま今まで食べたことのないような、美味しい食べ物もあります。

また、季節に関係なく欲しい物、新鮮な物が手に入ります。


それらが美味しいからと言って手あたり次第食べていたらどうなるでしょうか?

2021-02-01 10:33:08

コメント(0)   |  トラックバック (0)

食養生(一物全体食)

食養生一 物 全 体 食
 
自分の体は現在食べている食べ物によって作られています。
大昔、我々の先祖は自分の住んでいる土地で作物を作り、
それを食べて健康な体、体質を作り生活してきました。
それを子孫に伝え、現在の私たちがいるのです。
 

 我々の先祖は
今から700面年前にアフリカで誕生したと言われています。

そして180万年前ごろ理想の地を求めて各大陸に散らばり、
その地で育った動・植物を食べて現在に至っています。
それが今の地球上の各民族です。もとは同じだったのに、体格から、色、性格まで違います。

気候の違いもあるかもしれませんが、大きくはその地で得られる食べ物の違いによるようです。
日本で農耕が始まったと言われるのが、2~3000年前ですから、
その頃でもまだまだ野山を駆け回って狩猟生活が主です。

腹減った~、腹減った~の毎日。食べ物に有り付ければ良い方でしたでしょう。
食べ物に有り付ければ、全部食べたでしょう。植物では葉っぱから茎、根まで。
動物では、肉は勿論、皮から内蔵、骨まで。食べられるものは何でも。食べ尽くした事でしょう。

結果として、病気も少なく、健康な一生を過ごせたようです。
確かに、平均寿命は20~30年と短かった様ですがそれは乳幼児の死亡率が高かったからです。

乳幼児期をうまく生き残れれば、後は比較的元気で成人まで生きたのでしょう。
その証拠に、時々古代人の人骨が発掘されることがありますが。

それを見ると、みんな立派な歯を持っています。ほとんど全部揃っています。
今でも「病は口(歯)から」と言って口腔衛生を大事にしていますから。

今から考えると、貧しい食事しかできなかったのではと考えられるのですが。
この人たちは何を食べていたのでしょう?

日の出と共に起きて、一日中食べ物を探して野山を駆け巡って。そんな生活だったのでは。
一日に歩ける範囲にある食べ物しか食べていなかったのです。地産地消です。一物全体食です。

これは食べたくない。何て言っていられない。硬いから食べられない。何て言っていられない。
即、死ですから。
足が痛い。腰が痛い、何て言っていられない。置いて行かれるのですから。

 
 

2021-01-30 17:10:44

コメント(0)   |  トラックバック (0)

食養生(旬の食べ物(旬花柊萄))

食養生
旬の食べ物~
柊萄

食べものには元々食べるのに一番適した時期があります。これを「旬(しゅん)」と言います。
旬とはそのものが一番生命力が充実していて、
食べた時、私達に一番いい影響を与えてくれると認めているものです。
それは魚や動物にもあるし、植物にもあります。

しかし、最近はその旬のものが段々少なく、無くなってきているように感じられます。
人間の手が加わり、栽培、飼育されるようになって、
何時でも欲しい時に手に入るようになってしまったからです。

スーパーや食料品店に行くと季節に関係なく何時でも欲しいものがずらーと並て手に入ります。
昔、栽培技術の程度が低かった時には取れた時が旬でした。獣や動物は捕まえた時が旬でした。
魚類は、岸に寄って来て捕まえた時が旬でした。

しかし、今は、ハウス栽培があり、家畜は飼育され、遠洋漁業があります。
見た目はきれいで、大きくて、美味しそうですから旬ではないものも買ってしまい勝ちです。

野菜類には春野菜もあり、夏野菜、秋冬に採れるものもあります。
花もあり、葉っぱ、果実、茎、根もあります。それぞれが一番充実した時期に食べたいですね。
それが一番効果的な利用法です。
 

・春は「木の芽時」と言います。 
暖かくなり、芽が出て花が咲きます。この芽や花が苦い味のものがあります。
この苦い成分が動物が冬中体に溜めた老廃物を排除してくれるといいます。

・夏は暑いですね~。冷たいものを飲んでしまい勝ちです。
この時期採れる夏野菜に「瓜類」があります。西瓜やキュウリ、メロン類です。
これら瓜類は食べると体を冷やす働きと余分な水分を尿として排泄してくれる働きがあります。
これらを積極的に食べることによって、暑い夏をバテずに涼しく過ごすことができる訳です。

・秋は木の実、草の実の季節です。
全ての動物は、これからの寒い季節を無事に過ごせるように木の実、草の実を食べて
脂肪に変えて蓄え、生き永らえようとします。脂がのって美味しい季節です。

・冬は、根菜類の季節です。地上はすべて枯れて何も無くなります。
しかし地中には栄養をたっぷり蓄えた根菜類が沢山埋まっています。 
これを頂かない手は無いですね。

魚類はどうでしょうか?
魚は大きく分けると回遊魚と定置魚に分けられます。

科学技術や漁法が発達する前までは、回遊してきた時が旬でした。
しかし今は、地球の果てまで出かけて行って獲っています。もう旬という言葉は死んでいますね。
でも、漁師の皆さんの多くは、できるだけ脂ののった美味しい魚を消費者に食べさせようと、
北の寒い海へ出かけて行っています。

鮭(さけ)などは、産卵のために回遊して来て川を遡ります。
産卵するまでが旬です。産卵してしまえばもう二束三文。

定置魚は秋冬から春の産卵までが脂がのって美味しいですね。
沿岸近くまで寄ってきて、しかも獲れ易くなり食べやすくなります。
この時期が旬と言えます。

 

2021-01-30 15:24:37

コメント(0)   |  トラックバック (0)

食養生(食べ物の陰・陽・平)

食養生
食べ物の陰・陽・平

生まれつきの体質には
陽の体質><陰の体質>どちらにも偏らない<平の体質
があります。
そして、<平>の状態が一番健康で過ごせるという考え方
が東洋医学にあります。


私たちの体を作ってくれる、養ってくれる<食べ物>も、

><><>に分けることができます。

この食べ物を自分の体に合わせて正しくに食べる事で、
偏った体質を<平>に近づける事ができます。

美容と健康作りの本質です。



 
◎温(陽)の食物(体を温めてくれる食べ物)   
       加熱・温飲食一般・煮た野菜一般


酢、梅肉、リンゴ、すもも、あんず、ローヤルゼリー、ヨモギ、蕗、タラの芽、うどん。
小豆、魚一般、牡蠣、エビ、羊肉、牛肉、鶏肉、なつめ、カボチャ、長芋、椎茸、人参。

香辛料一般、生姜、大根、にんにく、日本酒、ウイスキー、ワイン、ラッキョウ、紫蘇。
さば、いわし、魚干物類、つくだ煮、大麦、栗、納豆、味噌。

以上1例を揚げましたが、他にも沢山の食品があります。
◎平の食物(温めもしない、冷やしもしない食べ物)

梅、かりん、ヨーグルト。ウド、菊花、ぎんなん、春菊。
胡麻、大豆、小豆、米、薩摩芋、蓮根、鶏卵、トウモロコシ、蜂蜜、水飴、葡萄、イチゴ、イカ。

里芋、ネギ。シジミ、ひじき、わかめ、醤油。

以上1例を揚げましたが、他にも沢山の食品があります。

◎冷(陰)の食物(体を冷やしてくれる食べ物)  生野菜一般・冷飲食一般

ゆず、だいだい、レモン、豚肉。お茶、コーヒー、ビール、タケノコ、ゴボウ、苦瓜、高菜、ほうれん草。
牛乳、小麦、栗、ワラビ、茄子、蜜柑、キュウリ、梨、柿、西瓜、こんにゃく、豆腐、蛸、蕎麦、


桃、トマト、白菜、砂糖、レタス、キャベツ、バナナ。
青のり、食塩(天然塩)、蟹、昆布、ハマグリ、アサリ、モズク。


以上1例を揚げましたが、他にも沢山の食品があります。。

 
  • 陰のタイプの人は、日常温の食物を多くし、香辛料をたっぷり使った料理を食べてください。 
  • 陽のタイプの人は、逆に、冷の食物を多くし、食べ過ぎには十分注意してください。 
  •  
  • 食べ物にはそれ特有の“旬”があります。栄養的にもその時期のものが優れています。
  • 東洋医学的な考えとして自分の体質や体の調子にあわせて食物を摂ることにより
  • 病気の予防や改善に役立てることができるという定説があります。
  •  
  • 冷え性の改善には温性(熱性)の食材を上手に取り入れることが効果的と言われています。
  • 寒性(涼性)の食材は時間をかけて加熱調理をすることで冷の性質が変えられる場合があります。
 
冬は<温>の食物を、夏は<冷>の食物を多くしましょう。



 

2021-01-30 15:24:19

コメント(0)   |  トラックバック (0)

食養生いろいろな体質(あなたはどちら)

食養生

いろいろな
体質~あなたはどちらでしょう?~


旬花柊萄(syunkasuto)

生まれつきの体質には<陽の体質><陰の体質>どちらにも偏らない<平の体質>があります。
そして、<平>の状態が一番健康で過ごせるという考え方が、東洋医学にあります。

あなたはどっちに近い?

陰のタイプの人 <陰の体質>とは?

青白い顔、低体温、低血圧気味、むくみやすい、冷え性、寒がり、胃腸虚弱、
疲れやすい、汗かき易い、小食、太れない、病気長引く、エネルギー不足、
ぽっちゃりタイプ、下痢・軟便がち、冷えの便秘、


食べなくても太る、尿の色が薄い、スポーツ苦手、風邪引き易い・治りにくい・・・


陽のタイプの人 <陽の体質>とは

赤ら顔、暑がり、元気旺盛、がっちりタイプ、便秘がち、大食、食べ過ぎて太る、汗あまりかかない、
エネルギー過剰、高血圧気味、糖尿病、痛風、食べ過ぎて太る、尿の色が濃い、

風邪はなかなか引かない、引いたと思って薬を飲むと1~3日だけでケロッと治ってしまう。・・・



<平の体質>とは?

一番多いタイプ。
特にどちらにも偏っていないような感じを受ける人。 

あまり風邪を引かない。引いても治りやすい。
 

平の体質を保つことで健康で代謝が良く、若々しい体を保つことができます。

自分の体質のタイプを知って積極的にバランスを保つよう食物で補いましょう☆

 

2021-01-30 15:23:48

コメント(0)   |  トラックバック (0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2

CONTENTS

CATEGORY